Top >  抗酸化物質 >  カシスの作用

スポンサードリンク

カシスの作用

カシスの主な作用として、【抗酸化作用】【血流改善作用】などがあります。
ここでは、この2つについて説明します。
目は常に光にさらされ、網膜が活発に代謝することにより、酸素の消費量が多くなり、活性酸素やフリーラジカルが発生しやすい場所です。
ですので、強力な抗酸化作用も持っているカシスのポリフェノール。
カシスへの期待は非常に大きいわけなのです。
このカシスのポリフェノールが持つ抗菌化作用は、ブルーベリーよりもはるかに強く、特に微酸性から中性の領域でその作用は著しく発揮することがわかっています。次に血流改善作用です。
カシスのポリフェノールには血管の拡張、毛細血管の浸透性の抑制、血液をさらさらにする、血栓を出来にくくする、という症状を効果的に高める働きがあります。
また乳酸菌(腸内細胞の善玉菌)などを活性化する働きがあることもわかってきました。
カシスの働きはこれだけではありません。
更に眼精疲労を軽減する、末梢血管の血流不全によって起こる諸症状(肩こりや冷え性など)を緩和したりという働きが期待できるのです。

 <  前の記事 ベリー類と目の疾患  |  トップページ

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。