Top >  抗酸化物質 >  ベリー類と目の疾患

スポンサードリンク

ベリー類と目の疾患

ブルーベリーに含まれている、アントシアニンの抗酸化作用に対する研究が、1960年頃からすすめられるようになりました。
これは英国空軍のパイロットの話したことが、ヒントになったといわれています。
その後ヨーロッパ、なかでもフランス、イタリアでは、ベリー類の抽出物が夜盲症や血管障害の治療に良い、目の網膜機能の改善作用がある、ということなどが明らかになり、医薬品としても使用されるようになってきました。
ヨーロッパでは、西洋医学による医薬品の他にも、ハーブでアイブライトが利用されてきたという歴史もあります。
ですので、ベリー類が医薬品として利用されてもさほど抵抗がないのではないかと思われています。
また目に必要な成分が、活性酸素により消耗されないように守る働きがあるといわれている、ポリフェノール(赤ワインやココアに含まれている)、カテキン(お茶に含まれている)、リコピン(トマトの赤色成分) なども、目の疾患に有効だといわれています。

 <  前の記事 カシスと万能薬  |  トップページ  |  次の記事 カシスの作用  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。