Top >  抗酸化物質 >  カシスと万能薬

スポンサードリンク

カシスと万能薬

別に「ブラックカラント」「黒すぐり」とも呼ばれているカシス。
カシスはベリー科の仲間で、ヨーロッパからアジアにかけての寒冷地に広く生育しています。
果実はそのまま食べられるほかにも、加工食品(ジュースやジャム)としても、広く利用されています。
中世からヨーロッパでは、カシスの薬効が知られていました。
カシスを煎じた液は万能薬として、中世から使用されていました。
最近では、ビタミンCやミネラル類が豊富に含まれていること、アントシアニンの含有量が非常に高いことでも注目されています。
ブルーベリーでよく知られるようになった、アントシアニンの視覚改善効果。
カシスに含まれているアントシアニン成分は、抗菌化作用が非常に強いこと、眼精疲労の抑制効果、近視の進行を抑制する効果、などが極めて強いことがわかっています。
英国空軍のパイロットが、母親から送られてくるブルーベリージャムを食べていると、夜の暗視力が増し、敵の飛行機を打ち落とす数が多くなったというのが、第2次世界大戦中。
その頃から、ブルーベリーが目に良いということが広く知られるようになりました。

 <  前の記事 カロテノイドとその働き  |  トップページ  |  次の記事 ベリー類と目の疾患  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。