Top >  抗酸化物質 >  カロテノイドとその働き

スポンサードリンク

カロテノイドとその働き

自然界に600種類以上あるといわれているカロテノイド。
その内の20種類が、人体に必要な微量栄養素だといわれています。
動植物に含まれている色素成分(赤色や黄色)のうち、脂溶性でリコピンに似た構造を持っているのが、このカロテノイドなのです。
しかし、それを体内で合成することは出来ません。
本来なら緑黄色野菜や果実から摂取すると良いのですが、現代では食事を通しての摂取が難しくなっています。
それは、今存在する野菜類の栄養価の低下にあるといわれています。
本来、植物は光合成によるエネルギーで成長します。
しかし日光はエネルギーの根源になる反面、毒物といわれてる活性酸素なども生成してしまうのです。
植物にもメカニズムがあり、自分の身を守るためにカロテノイド(色素)を作り上げます。
そしてこのカロテノイドが、紫外線を遮るフィルターの役目をするのです。
また植物細胞の中でも、活性酸素を除去するために抗酸化作用が働くと考えられています。
活性酸素により、大きなダメージを受ける人間の体内でも、同じ抗酸化作用を発揮し、いろいろな病気の予防に高い効果があることがわかってきました。

 <  前の記事 抗酸化物質の種類  |  トップページ  |  次の記事 カシスと万能薬  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。