Top >  抗酸化物質 >  抗酸化物質の種類

スポンサードリンク

抗酸化物質の種類

では抗酸化物質にはどんな種類があるのでしょうか?
まず【ポリフェノール】【アントシアニン】【カテキン】【リコピン】などがあります。
ここでは、その内容について説明していきます。
【ポリフェノール】ポリフェノールの仲間には、カテキン・アントシアニンがあります。
体内への効果は2〜3時間で、抗酸化作用を維持するには、多量に摂取したとしても頻繁に補う必要があります。作用としては、血管の保護、老化予防、発がん物質の活性化の抑制などが認めれらています。
【アントシアニン】目の機能を向上させ、目の網膜になる色素の再合成を活性化する働きがあります。
主にブルーベリー・ブドウ・赤ジソなどに含まれています。
【カテキン】老化予防の効果が期待されていて、緑茶の渋み成分による抗酸化作用、抗菌作用、コレステロール抑制作用、血圧降下作用、血糖値抑制作用などが代表的です。
【リコピン】トマトなど、赤い植物に含まれています。女性には頼もしい味方ともいえ、紫外線による皮膚の損傷や、がん細胞の抑制、タバコによる発がん物質の非活性化などがあげられます。
またその他にも、活性酸素を失くす有効な成分があり発見されています。
イソフラボン、クルクミン、サポニンフラボノイドなどがあげられます。

 <  前の記事 活性酸素と紫外線  |  トップページ  |  次の記事 カロテノイドとその働き  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。