Top >  抗酸化物質 >  活性酸素と紫外線

スポンサードリンク

活性酸素と紫外線

植物の色素は、強い紫外線を浴びることで、より一層と多くなり、色が濃くなるという傾向があります。
それは野菜や果物からもわかるように、色が鮮やかなものは赤道近くの地域に多いのです。
例えば、ペルーはトマト・唐辛子・ナス、エジプトはメロン、インドはレモン、で良く知られていますよね。
またその他で言うなら、鮮やかな色合いのハイビスカス、また色が鮮やかのことで知られている熱帯魚。
これらも、自らが紫外線に抵抗するための色素を溜め込んだ結果なのです。
植物は紫外線を浴びることで光合成を行い、成長します。しかし、紫外線が活性酸素を発生しただけでは生きられないのです。
では、人間はどうすれば良いのでしょうか?
抗酸化物質を体内に取り込む方法は、食品の中に抗酸化物質を持つ食物を摂取することで、体の中に取り込むことが出来るのです。
活性酸素を減らす方法として、抗酸化物質は食品のなかでも色鮮やかな食品に多く含まれています。ですので、食品を選ぶ時にも色彩を気にしながら選ぶと、効果はあるかもしれませんね。

 <  前の記事 活性酸素とビタミン  |  トップページ  |  次の記事 抗酸化物質の種類  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。