Top >  活性酸素と病気 >  活性酸素とメラノサイト

スポンサードリンク

活性酸素とメラノサイト

メラノサイトという色素細胞を刺激することにより、色素を増やしている活性酸素。
このメラノサイトは、紫外線を受けることにより、シミの原因にもなる黒い色素の元でもあるメラニンを大量に発生させるのです。
また活性酸素は、肌荒れやシワの原因にもある皮膚の細胞を傷つけていくものなのです。
シワの原因ともなる紫外線。
この紫外線は、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけています。
これは皮膚の奥にある真皮にまで届く作用をしているのです。
「深いシワ」は陥没した状態をいうのですが、この陥没した状態はどうしてできるのでしょうか? 
コラーゲンは加齢により作られる量が減り、その減り方が大きいと細胞のあいだに隙間が出来てしまいます。
この隙間こそがシワになるのです。
活性酸素は、紫外線により傷んだコラーゲンを傷つけています。
また活性酸素により傷つけられると、修復しにくくなるのです。
これからもわかるように、コラーゲンの摂取だけがシワの予防、改善に良いのではなく、積極的に抗酸化物質をとり、それにより活性酸素を減らす工夫も大切なのです。

 <  前の記事 白内障  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素の発生  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。