Top >  活性酸素と病気 >  白内障

スポンサードリンク

白内障

レンズの役割をする水晶体に含まれるムコ多糖が、酸化されることにより白く濁り見えにくくなる、これが高齢者によくみられる白内障という目の病です。
目は自然にしていても太陽の光がはいり、紫外線の影響を避けることが出来ない部分。
ですので、日焼け止めクリームなども塗ることができません。
また最近では「黄斑変性症」といわれている、網膜の中心の黄斑部の細胞が活性酸素により変形する眼病も、日本で多くなってきました。
症状としては、物の大きさや輪郭、色などが変わって見えたり、物がゆがんで見えたりします。
酸化したまま放置しておくと、失明につながる危険性も高い眼病なのです。
画像を映し出すスクリーンの役割をしているところが網膜ですが、光が集中するために酸化されやすいのです。ただ「黄斑変性症」を良く知らない医者が多いのも事実です。
しかし抗酸化物質が、黄斑部の活性酸素を消去するという原理を上手に使うことにより改善を図ることが、研究によって実証され始めています。

 <  前の記事 動脈硬化とコレステロール  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素とメラノサイト  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。