Top >  活性酸素と病気 >  動脈硬化とコレステロール

スポンサードリンク

動脈硬化とコレステロール

がんの死亡数に迫るほどの勢いがある「心臓病・脳血管疾患」。
この2つは「がん」に次いで死亡数が多い病気といわれています。
加齢により徐々に堅くなる血管。
これが動脈硬化で弾力がなくなり、血管が狭くなることにより血流が低下します。
その原因のなかに「コレステロール」があります。
血液中にあるコレステロールが血管に付着しまし、付着することによりその細胞は新陳代謝が悪くなる。
そうなると血管は徐々に硬くなるのです。
活性酸素によりコレステロールが酸化すると、その変化した物質は異物と判断され体内で処理されます。
その結果血管が狭くなり、血管が詰まりやすくなるのです。
血管が詰まると、それから先には血液が流れなくなり、細胞が死んでしまう。
これが、心筋梗塞や脳梗塞の原因なのです。
動脈硬化を予防するためには、食事でコレステロールの摂取量を減らすだけではなく、活性酸素により酸化することが大きな問題であるのですから、発生した活性酸素を消すことが何よりも大切なことなのです。

 <  前の記事 活性酸素とがん  |  トップページ  |  次の記事 白内障  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。