Top >  活性酸素と病気 >  活性酸素とがん

スポンサードリンク

活性酸素とがん

死亡者数が増え続け、日本人の死亡率第一位の原因でもある「がん」。
がんになる最大の原因は、発がん物質です。
細胞の状態が正常であれば、発がん物質も中には入りにくいのですが、細胞膜が活性酸素により傷つけられていると、簡単に発がん物質が細胞に入り込むことができ、遺伝子を傷つけるのです。
このことからもわかるように、がんは正常な細胞の遺伝子が傷つき、異常な分裂を起こすことにより始まるのです。
ですので、がんの予防策としての第一条件は、余計な活性酸素を発生させないこと、と言えるかと思います。
その反面、抗がん剤や放射線も体内で活性酸素を発生させることを用い、活性酸素で活性酸素をやっつけるという細胞を破壊する作用を活用して、がんの治療に用いられています。
体内で活性酸素を発生させるといわれているのが薬剤ですが、抗がん剤の中にも活性酸素を発生させるものがあります。
この活性酸素が、がん細胞だけを攻撃し破壊する、とうまくいけばいいのですが、残念ながら正常な周囲の細胞までも傷つけてしまうのです。
がん細胞を破壊しようとすると同時に、がん細胞を作りだす原因にもなってしまう。
人間の思惑通りにいかないのが、この活性酸素なのです。

 <  前の記事 活性酸素とは?  |  トップページ  |  次の記事 動脈硬化とコレステロール  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。