Top >  活性酸素と病気 >  活性酸素の発生

スポンサードリンク

活性酸素の発生

「活性酸素を消す薬はないのでしょうか」と言われますが、残念ながらありません。
もしそんな薬があったとしたら、活性酸素を薬で消すつもりで活性酸素を気にせず増やしてしまう、というおかしな構図になります。
もし活性酸素の発生を抑えられないのなら、発生した分だけでも活性酸素を消去するようにしましょう。
実は私たちの体内には、活性酸素を消去するための酵素があります。
その酵素は加齢とともに量が減り、働きも鈍くなります。その酵素が充分に働いてくれれば、細胞が活性酸素に傷つけられることもないのですが、どうしても加齢とともに鈍くなるのです。
25歳を境に、急に酵素の働きが低下し皮膚の細胞が壊れやすくなる。
これがよく言われる女性の「お肌の曲がり角」というフレーズに表されています。
それだけ年齢とともに、活性酸素への対策の必要性が重要なのです。
活性酸素は病気の90%の要因になっているといわれています。
しかしその病気を治すために服用する薬により、体内に活性酸素が多量に発生し病気の回復を遅くする、病気が悪化する、または別の病気を引き起こすこともある、ということを知っておく必要があります。

 <  前の記事 活性酸素とメラノサイト  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素とビタミン  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。