Top >  活性酸素と病気 >  活性酸素と病気

スポンサードリンク

活性酸素と病気

最近でこそ、広く認識されるようになった活性酸素。
この言葉が世間で話題になり始めた頃は、ブラックユーモアのような話が広がっていました。
「酸素は体にとって必要なもの。その酸素が活性化するのだから、とうぜん体にはいいものなのでしょう」という内容です。
通常考えるなら、酸素は我々が生きていくためには必要不可欠なもの。
しかし酸素はプラス面だけでなく、マイナス面も併せ持っているのです。
というのも、酸素は過剰に反応することにより、強い毒性を持ち始めるからです。
例えば、釘を長い間放置しておくと、サビでボロボロになってしまいますよね。
これは、空気中にある酸素の仕業なのです。
学校でも習ったかと思いますが、酸素は空気中に20%存在します。
この酸素が起こす現象を「酸化」というのです。
活性酸素は、体内で酸化を過剰に起こし、体に摂り入れた酸素の2〜3%が活性酸素になるのです。
いろいろな研究でもわかってきましたが、活性酸素は細胞を傷つけ、老化を促進する。
また癌や生活習慣病を誘発するのです。

 <  前の記事 活性酸素と健康との関係  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素増やす要因  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。