Top >  活性酸素とは? >  活性酸素が発生するワケ

スポンサードリンク

活性酸素が発生するワケ

活性酸素は体内で大量に発生するといわれていますが、いったいどんな時にその症状が起こるのでしょうか?
まず1つめは、有害物質の分解時に発生するといわれています。
体内の臓器に負担がかかる、農薬、食品添加物、薬、化学物質などが体内に入ってきたとき、その害を減らすために、その有害物質を分解し処理するために各臓器の細胞が活発に代謝を繰り返します。
その時こそが活性酸素を発生させるのです。
また2つめは、呼吸数や心拍数の増え、血圧があがり、末梢神経が収縮し血流が高まる、といった現代社会や家庭生活では避けては通れないストレスにより、体に変化が生じたときに多量に発生するといわれています。
そして3つめは、体に傷や炎症があるとき、例えば放射線、紫外線、電磁波などは体に浸透する波長をもち、細胞を傷つけるます。
こういったときにも活性酸素が多量に発生するのです。

 <  前の記事 活性酸素の危険性  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素とは?  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「活性酸素.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。